Topics

【足立区 火事の速報】鈴木保憲を逮捕(画像)!twitterでも話題の放火犯は意外なもので特定された!

速報!鈴木保憲 容疑者は4日午後2時頃、東京・足立区で、放火して火事を起こした。twitterでも話題のこの火事の速報として鈴木保憲 容疑者が5日、逮捕された。この火事の様子の画像や鈴木保憲 容疑者が何で逮捕されたのか調べていきたいと思います。
スポンサーリンク

足立区 火事の速報!鈴木保憲を逮捕(画像)


■鈴木保憲(すずき やすのり)
■年齢:64歳
■住所:不定
■職業:無職

鈴木保憲 容疑者は足立区で住宅に火をつけ放火の疑いで逮捕され、周辺では最近、駐車場のバイク2台が燃える火事になるなど、計8件もの放火の疑いがあります。

鈴木保憲 容疑者は、いずれの不審火についても関与をほのめかす供述をしているということで、警視庁が裏付けを進めてるそうで、もう連続放火犯じゃないでしょうかね。

やっと逮捕されてとりあえずホッとしますね!
時期が時期なだけに近隣にも燃え移りやすいですし、亡くなった方が出なかっただけ不幸中の幸いです。

で、8件もの放火の疑いがある中で、仮に連続放火犯だとしてどうしてやっと逮捕できたかと言いますと、意外なものが逮捕のカギとなったそうです。
スポンサーリンク

twitterで話題の足立区 火事の速報!鈴木保憲 特定のカギは?

足立区 火事で逮捕された鈴木保憲 容疑者。逮捕のカギとなったのは、「スポーツ新聞」と「缶コーヒー」だったそうです。

4日、不審火が起きた現場から見つかった、「スポーツ紙」と「缶コーヒー」を買う鈴木保憲 容疑者が不審火が出る前に近くの防犯カメラに映っていた。
警視庁は鈴木保憲 容疑者の行方を捜索。そんなさなか、5日に新たな不審火が起きて近くの路上にいた鈴木保憲 容疑者が発見された。

よく放火犯って自分が起こした火事を見に現場に戻って来ると聞いたことがあるのですが、まさにそのパターンかもしれません。

この火事のニュースを見て、いったいどんな考えでこんなマネをするのか?と思って放火魔の心理を調べてみました。

放火魔の特徴としては、人間関係や仕事、恋愛などで、大きな挫折を味わっており、欲求不満やストレスが極大化し、いつもムシャクシャしており、人間や社会に対して、強い恨みを抱いていることです。

また、放火魔になった人は、幼少時の家庭環境にも問題があり、両親から愛情をもらえず、自分に対する自己評価が低く、劣等感とコンプレックスに悩まされている人が多いです。

人間としての性格基盤がうまく形成されず、その影響で、人間関係がうまくいかず、その結果、仕事もうまくいかず、収入もなく、貧しくなっていったのです。

こうなると、もうどうしようもなく、誰からも相手にされず、自分だけが社会に見放されたような気分になり、自暴自棄になります。

そして、このような恨みと莫大なストレスから、放火をおこなってしまう。
放火をすると、自分にはこんなことができる力があると少しだけ自分を評価し、自分には影響力があると一時的な自己満足に浸ることができます。

さらには、その放火事件が、テレビやニュース、ネットなどで話題になりますと、何か自分が大きなことをした重要人物になれたような気がして、心の高揚感を味わうのです。

その結果、最初は、一回だけの放火であったのが、何度も何度も放火を繰り返して、ついには放火魔となってしまうのです。

放火するほどなので、やっぱり人間性に難があったのかもしれませんね。64歳でお金も無く、誰にも相手にされず「俺はここにいる」みたいな承認欲求があったのかもしれませんね。
でも、許されることでは無いので、自分と向かい合ってこれからは前向きに生きていってほしいです。

鈴木保憲のまとめ

もう64歳なので、人間性が変わる事は無いと思いますが、自分と向き合って、自暴自棄にならないで明るく生きてほしいですね。
誰かから必要とされるように努力すれば少しは変わるかもしれませんが、働くことも気分転換になって良いかもしれません。(必要とされますしね)
スポンサーリンク

関連記事

  1. 鈴木健治を逮捕【顔画像】大和市で立てこもりをした動機や経緯とは?…
  2. 三吉敏男を逮捕【顔画像】広島県仙台の建築会社元社長がなぜ暴走を?…
  3. 真田順司【顔画像】吉祥寺でプリウスが事故!逮捕後よく覚えていない…
  4. 西山康介【顔画像】交際相手・彼女との三角関係!母親が語る想いとは…
  5. 島村穣(上尾市長)逮捕【顔画像】田中守(市議会議長)と行った情報…
  6. 阿部誠が四季島で人身事故【写真】衝突の影響とは?
  7. 宮下正和を逮捕【顔画像】神奈川で窃盗!バールだけで驚愕の被害総額…
  8. 川西市の本荘重弘副市長【顔画像】セクハラに女性職員が退職!
PAGE TOP